(自己責任で余剰金のある方にだけ!)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--


自身の成長などとうに諦め、他の成長に。。。


前回・前々回の記事で書いたように、
ポテンシャル低い、現能力低い、
それどころかうつ病もちの私。

うつ病以降、特に記憶力がおかしい。。。

記憶そのものは脳に眠っているんですが、
その情報を引き出すのが困難になって、
いざ話そうとしても、ほらアレ、ソレばかり、

何か初体験してみたら、以前経験した気がしたり、
見覚えある光景のような気がするんですが、
実は2度目なのか、それともただの似た光景なのか、
それすらはっきりしない。。。(+_+)


だから意識高い系の話とか、
自己啓発とか自己投資とか、
働きながら成長の話とか興味持てない。。。

痴呆のはじまったお爺さんに、
こういう話勧めないよね、みたいな。(*_*;




じゃあどうやって生きていくのか考えると、
自分自身では無く、他を成長させるということに。


そのひとつが不動産。

持ち主が無能でも、
いい家を手に入れ管理会社に恵まれれば、
あとは勝手に稼いでくれるし、
お金を出してリフォームすれば成長もできる。


ただしこれはあくまでも平常時、
トラブル起きた時には結構大変だし、
何でもする覚悟等必要だけど。



不動産投資を始めて10年なるかならないか、
ほとんど仕事せず、海外浮浪してるけど、
月10万円くらいの利益にはなってる。

あと7年くらい頑張って、借金の返済が終われば、
月20万円に届くかも。。。(それでも微妙に足りないか)
そうすれば、日本で一人暮らしも十分出来る。

同世代の収入と比べると、もちろんアレだけど、
男一人別に困る金額でもない思う。



 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ


スポンサーサイト
その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/09/30 22:48


子供時代の建前教育が、イルミの針のように呪縛として。。。


子供時代の私から見たら、
親や教師というのは何でもできる立派な人間で、
清廉潔白な存在だと思ってた。

嘘をついたり、お酒を飲んで乱れたり、
こずるいことなんて無縁と思ってた。




そんな大人が、たとえ建前であっても、
不良行為(酒/タバコ/バイク/ゲームセンター/
ライブ/ディスコとか)はダメといえば、
それが正しいことだと思い、基本的には守る。

今でさえ、これらに対する嫌悪感があって、
なかなかこれらをしてみようと思わないほど。


じゃあ風俗はいいのかよと突っ込まれそうだけど、
まあその嫌悪感を上回る欲求ってことかな。

あとそもそも、乳幼児・小中学生の教育として、
風俗はダメなんてワザワザ言いませんよね。

精々女の子を殴ってはダメとか、優しくしなさいとか。




また、嘘をついてはいけないという建前教育や、
失敗すれば怒られるということにも弊害が。。。

これを守ろうとし隠し事をする、
ばれないようひっそり生きる、
失敗しないように何も行動しない、
という方向に走ることも。。。


嘘はダメという建前があまりに染みついていると、
怪しい外人に個人情報聞かれても、
嘘をつくこと出来ず黙るしかなかったり。。。(+_+)

就職や仕事の際に、時には嘘が必要と言われても、
幼少期の教育が呪縛のようにしみついていて、
受け入れられなかったり。。。


たぶん建前で教育をするより、
子供自身が実生活で色々感じ考え、
実社会に合った行動指針を見つける方がいい思う。




そして最後に、我慢と責任、

この教育があまりに強いと、
極力情報を遮断しようとするため、

情報に疎く、感受性が鈍く、無気力、あいまい、
そして感情欠如の私みたいになる恐れがある。


何か欲しいものしたいことがあっても、
どうせ我慢させられるなら、
最初から知らない方がまし、見ても認識しない。
(ブータンの幸福度の話にも繋がるかと)

行動には責任が伴うなら、極力行動しない方が吉。

責任を共わない情報伝達を好む。
(~らしい、っぽい、~と思う)


これを回避するには、我慢一択ではなく、
○○したら○○してあげる、ご褒美教育。

これはこれで批判あるそうですが、
実社会がそんなもんですよね。
だったらその方がまだいいんじゃないかと。

子供と大人の社会を分断して教育しても、
子供の頃の教育が呪縛のように残る。。。

であれば最初から同じ、
少なくとも繋がった世界として教育した方がいい。



また子供のころの教育がどうであれ、
今の私の行動は、今の私自身が決められる。

でも、幼少期の教育で「これは悪」と覚えたこと、
この感情が呪縛のようにしみついていて、
なかなか変える気が起きない、結果実行が難しい。。。(+_+)




まあこれらのことを親に言うつもりはないし、
今さら言ってもしょうがない。

ただ、これから子供を育てる人、
一見良いとされる教育もほどほどにしないと、
子供がこう受け止めてしまう恐れがありますよと。

子供を育てたことないし、教育とかわからないけど、
叱るとか我慢させるとかの倍くらい、
褒めるとか甘えさせるとかが必要なんじゃないかな。



 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ


その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/09/29 18:19


ポテンシャル低いという愚痴。。。(+_+)


突然ですが、私たぶん耳が悪い。
少々耳が遠いというのもありますが、鈍い?

例えば音の高低、ドップラー効果とか感じない。
それからアクセント、正しい発音を聞いても、
どこにもアクセントが感じられないことも、
声調なんてのも何のこと?と。

絶対音感を持っていない=障害ではないように、
障害者レベルではないんでしょうが。。。



それから、鼻が曲がってて詰まってる。

なので匂いに鈍感だし、常に鼻声でしゃべるの苦手。
ダニ・ホコリ・花粉に弱く、一日中鼻をかんで、
ティッシュひと箱では足らない日もある程。

相手が聞き取れず、え?何?なんてのもしょっちゅう、
何度もそうなったら、「いや何でもない」と諦め、
そりゃ引っ込み思案になりますわ。。。(+_+)



そして、鼻が詰まってるということは、
自然には鼻呼吸できない、酸素供給量が足りない。

そうすると運動、特に有酸素運動が苦手。


また今更どうこう難しいという意味で、体が硬く、
伸びをしたり、少し無理な体勢になったりすると、
すぐ胸が痛くなる。

歩くとすぐ足裏が痛くなるのも、この辺のせいかも。


それから体力ないのは、自信の運動不足のせいですが、
幼少期から運動神経良く、
人並みの練習で人並み以上の結果、という成功体験を
積んでいる人とはモチベーションの差がねえ。

幼少期、何の分野でもいいから、
人並みの努力で人並み以上の結果を出せるもの、
それを見つけておくべきでした。




ちょっとしたポテンシャルの差、
それが色々なところに影響が出るし、ハンデになる。

それで人並みのコミュ力とか、作業スピードとか、
そりゃ厳しいですよ。。。(+_+)



まあうすうす程度には分かっていたので、
代わりにせめて勉強は人並み以上、
そして何か専門的能力をと思ったのですが、

いざ社会に出たら、ただの大卒なんて何もならない、
プログラマーがプログラム出来る事自体は当たり前。


秀でるものが、な~んも無くなってしまった。。。



もちろん、ここまで育てて(食べさせて)もらった
あま~い親に感謝はしていますが、
もう少しどうにかならなかったかな。。。(+_+)

→続きます。。。



追記:頭の回転が遅い

幼少期に、並み以上の教育(読み書きそろばん的な)
を与えられた、また、勉強に対して
人並み以上の時間を費やしたおかげで、
学生時代はそれほど気づかなかったが、
瞬発的な頭の回転は非常に遅い。。。


その代わり、物事を考えて考えて考えて、
いい案が思いつく特性はあったかもしれないが、

うつ病後は、それも無くなった、というか、
物事を深く考えたり悩むことをなるべく避けてる。


何か問題があっても、何とかなるさーと
気楽に考えるように努め、
それがまた、タイが心地よく感じる一因だと思う。



 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ


その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/09/28 18:50


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。