FC2ブログ

(自己責任で余剰金のある方にだけ!)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--


治験をやろうと思ったのですが、いざとなると。。。


日本に帰国したら、すぐさま治験をやろう!
と思っていたのですが、
未だに申込みすらしていない。。。




  治験の参加条件

実際にやろうと思い、治験サイトを見ると、
私にとっては条件が厳しい。。。


まずBMI18.5以上24.9以下!
という案件が非常に多く、
太り過ぎの私には厳しい。。。(+_+)

次に年齢20~35/39/44才!
という案件が非常に多く、
今はいいけど将来的には。。。(^_^;)

そして病歴、
元うつ病の私は、色々引っかかりそう。。。




  治験のリスク

それからリスク、
非常に低い確率で健康被害/後遺症、
その程度しか考えていなかった私。

でも、「職業治験」を読んでいたら、
段々怖くなってきた。。。(+_+)



まず、健康被害/後遺症。

本に書いてあった病院スタッフの話では、
二千件の治療をご紹介してきましたが、
 重篤な健康障害が出たのは一件だけですから。。。


これだけで判断すると、0.05%


3年に満たない社員経験で、うつ病2回の私からすると、
こちらの方がリスク高いし、

会社の飲み会だって、亡くなるリスクはあるし、

そこまでいかないまでも長期で見れば、
健康被害はかなり酷いんじゃないかと。
(プライベートでほぼ飲まない人間からしたら)

であるからして、このリスクはさほど気にしていない。



次に、時間や行動の拘束。

喫煙禁止、早寝早起き、安静とかは
たいして苦にならない思う。

でも食事制限がきつそう。。。

とはいえ、無料の健康教育入院と思えば、
むしろラッキーなはず。。。(^_^;)



それから、世間の目。

とはいえ、私自身はほとんど気にしない。
ただ親にはちょっと申し訳ないかも。。。



最後に、注射の痛み。

多い時は15分に1回、1日に十数回、
同じ所に注射すれば注射するほど痛みが増し、
麻薬中毒者みたいな痛々しい注射痕が
出来るほどだそうで。。。。。(+_+)

これって改めて考えてみると、
私にはきつい。




  今の私にとっての治験

そもそも今の私にとっての治験は、
日銭稼ぎやお小遣い稼ぎではない。

(とりえあず不動産収入の目途が尽きましたし、
 治験を頑張ったからって、
 もう一戸物件を購入できるわけでないし。。。)


今の私にとっての主目的は、将来困窮した時のため。

少々の収入や物件があると言っても、
借金はあるし、何だかんだリスクはあるし、
将来どうなっているかは分からない。。。

もし困窮したとしても、治験をやればいいやと、
要は心理的なセーフティネットが目的でした。


でも、年齢やBMI制限など、
どうもその目的は果たせそうにないです。。。




結果的には、
機会があれば一度やってみたいという程度に。

肥満患者治療や、湿布薬・健康食品てのもあるし、
いい案件があれば、やってみようと、
そうでなければ無理してやらなくてもいいかな。



 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ


スポンサーサイト
外こもり向き収入源? | コメント(4) | トラックバック(0) | 2014/04/23 20:55


我慢我慢我慢の教育と無気力無関心



  我慢我慢我慢の教育で健全な支出生活

10才や20才ならともかく、
三十路超えたおじさんの性格なんて、自己責任。

たとえそうでなかったとしても、
親や家族、社会のせいにするものではなく、
自身の責任として受け止めるもの、
というのが前提での、、、愚痴?です。。。




子供のころから、
我慢我慢我慢という教育を受けていたため、
支出に関してはかなり節約志向。

そしてそれが当たり前で、
むしろ必要以上のお金を使うことに、
罪悪感すらあります。。。

例えば、
かばんに、機能性以外を求める事、
洋服に、機能性と断熱性以外を求める事
リンスとか整髪料とか、ハイカラな物を使う事
制汗剤とかリップとか、シャレた物を使う事
学生の身で外食することなどなど。

貴金属タバコ香水ピアスなんか問題外。

そしてそれが今も。。。



まあおかげさまで、大学時代のバイト代、
サラリーマン時代の給与が勝手に溜まる。

そして、それを元に不動産賃貸生活を始められ、
それが今のゆる~い生活の地盤になっている。

のではありますが。。。




  我慢我慢我慢の教育の弊害

マイナス面を考えると、無気力無関心、
世界が狭い視野が狭いアンテナ鈍感。。。

そんなだから、ビジネスチャンスを見つけられないし、
バイトも中々見つけられない。。。

着飾ることに興味ない人が、服を売る?
洒落た身だしなみに興味ない人が、飲食扱う?
(私にとっての身だしなみは、
 顔洗う髭そる穴の空いた服を着ないレベル)
格安中古物件にしか興味ない人が、
新築物件の看板持ち?
もっとお得なものがあるのにと思いつつ、
スマホ携帯ネット回線を、他人様に勧める?

まあやったっていいけど、どしても身は入らない。
そんなやる気のない人をわざわざ雇います?



だからなのか、他人様の役に立ってお金を頂く、
という感覚が乏しい。。。

何ていうか、商品やサービスに、
相場以上のお金を払ってもいいと思える事が、
ほとんどない。。。


あくまでも激安とかに価値を感じている、
自分自身の消費者としての思考がそうなので、
その逆の供給側になったとき、
お客様へ価値あるものを提供できる気がしない。
(価格以外の面で)




そんなの頭を切り替えればいいだろ!
それに、親のお金を使うのと、
自身で稼いだお金を使うのは別物!

とも思いはするのですが、、、

キルアに刺さったイルミの針みたいで、
自身の深層に酷くねばりついている感じ。

表面的に変えようとしても、
なかなか心の底からそうは思えなくて。。。(+_+)


かといって親を責めたいわけではないし、
むしろダメ息子を今まで育ててもらって有難いと。


ただ、子供の教育として、
あまりにも我慢をさせると、
こういうふうに無気力無関心に育つこともと。。。



 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ


脱社畜・嫌労働・うつ病 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2014/04/12 12:23


会社辞めたい、でも辞めるわけにはいかない、でもでも健康第一!


会社辞めたい!!

今でこそ、嫌労働なんて言って、
ここ数年でバイトしたのは数ヶ月分、、、

会社辞めたいという以前に、
仕事(バイト)を始める事すら嫌な私。



しかし、その昔は社畜。

終電・会社泊しようが、
残業80時間が一年続こうが、
その大半が無賃(サービス残業)だろうが、
会社を辞めたいとはあまり思っていませんでした。
(今日会社行きたくないなあ~程度はあるけど)


でも、残業150時間が数ヶ月続くと、、、
会社辞めたい会社辞めたい会社辞めたい、
もう頭ン中はそればっかり。。。

とはいっても、今までごく普通のレールを
(高校大学会社と常にどこかに所属)歩んできた私。

そのレールから外れる
=谷底にでも落ちて二度と這い上がれない

いやそもそも、生きていけるのかという恐怖心。。。


まあ実際には、10年近くたった今でも、
生きるくらいなんでもない。

皆が登ってる高い高い富士山をあきらめ、
マイナーで山頂の低い高尾山登頂に変った程度。

こちらはこちらで良い面悪い面有るけど、
それなりに幸せで悪くない。

むしろ山頂という目標、
そして幸せのハードルが下がったことで、
以前よりは、精神的に満たされている。


しかし、当時そんなことは分かっていなく、
結局ギリギリまで我慢した挙句、うつ病になって、
まるで抜け殻、魂の抜けた人間、生ける屍の状態、
もう仕事どころではとてもなく自己都合退職。
(失業給付請求する気力もない。。。)

そして、リハビリ1年・再発・リハビリ半年、
今はもう治った、、、というより落ち着いただけ。
おそらく一生再発を危惧、
後遺症と付き合って生きていかなければならない。

会社を辞めたいと思い、辞めた事に後悔はないが、
その辞め方については今でも酷く後悔。。。


うつ病になる前に辞めてれば、
後遺症に悩まされることもなく、
今でも、週5日40時間くらいの仕事なら、
勤まっていたのかも。。。

そして、うつ病前に、もう辞めてもいいや、
という覚悟が出来ていれば、
ダメもとで思い切ったことが言えたはず。
残業代請求とか、丸一ヶ月有給でリフレッシュとか。



会社辞めたい、でも辞めるわけにはいかない、
というのが大半の方だと思う。
でもでも健康第一!!!!

体を壊すまで働く人生なんてもったいない!
体を壊すギリギリまで働くのも危険!

少なくとも体を壊す二・三歩前には、
もう会社を辞めてもいいや、という覚悟をして、
ダメもとで言いたいこと言っちゃいましょう。



 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ


脱社畜・嫌労働・うつ病 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2014/04/05 15:03


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。